人気ブログランキング |

仙台にあるアロマセラピートリートメントサロン 「 Fizica 」


自然界からの恩恵である「 精油 」を用いてのアロマセラピーを通して、ホリスティックな視点で自然と人との繋がりを学んでいくアロマセラピスト日記。
by fizica
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
infomation
最新のトラックバック
募ります!
from 仙台のアロマテラピー教室「L..
ピロクマ舍「試作発表会」..
from 歯科衛生士の雑穀LIFE
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

実技レッスン

昨日は全身トリートメントレッスンの生徒さんの
第1回目のレッスン~背中~でした。
午前中から夕方までのレッスンはほんとあっっという間に
時間が過ぎていきます。

背中のトリートメントは内容が濃く覚えることも
いっぱいなので、初日はみなさん
頭がパンパンになります。
Nさん☆本当に頑張りました!!!

技術習得はレッスン後の練習によって
大きな差がうまれます。

練習は身体がなくともできちゃいます^^
クッションを並べて身体に見立てて
行ったり、イメージだけで行う練習をしたり
一通りの流れを頭の中でシュミレーションできる
ようにイメトレを何度も何度も繰り返していきます。

私も当時はクッションを使ってよく練習しておりました。
覚えるのが早くなりますね。

そうしていくうちに、自分自身と技術が一体となる時が訪れて
きます。
そうなると、また技術がさらに進歩してゆきます。
トリートメントを一通りできるようになるのは
ピアノで一曲、曲を弾けるようになるのと同じです。

曲を弾くとき初めは、譜読みして大体の流れを把握します。
トリートメントでも資料を見ながら、頭の中で流れを確認するのと同じですね。
どんな流れになっているのか、どんな曲になっているのかを
把握します。


第1小節、2小節、3小節。。。。。
とにかく練習練習ですよ。
楽譜ににクレッシェンドやデクレッシェンドがあることで
同じフレーズを繰り返すにせよ、単調な音ではなくなるのと
同じように、トリートメントの手技も抑揚をつけることで
同じ手技の動作の連続でも全く雰囲気が変わってきます。

と。。
曲を一曲自分のものにするには
相当な時間と練習がかかるように
トリートメントの秘術も同じです。

毎日、少しでも良いので
何小説か練習してそれを繰り返し行っていきます。
その積み重ねが素晴らしい演奏に繋がってゆくように
心地よいトリートメントを提供することができるようになります☆

少しずつ
少しずつ♪


e0177161_8274622.jpg


by fizica | 2011-12-07 08:27
<< カレーランチ にぎやかランチ >>